FC2ブログ

FlashAir と戦う


イボの話ばかりでは疲れるので
今回はテザー撮影について。
ちょっと前に削除した記事を再構成しています。

こちらのブログではキヤノンの WFT-E6B のような
ワイヤレスファイルトランスミッターを使った方法を
試してきたが、このトランスミッターが
定価で6万円とか8万円とかで、結構敷居が高い。

リーズナブルな投資でテザー撮影ができないかと
SD カードに Wi-Fi 機能のついた Eye-Fi や
FlashAir で試したがうまくいかなかったのは
過去の記事、「画像を iPad で見る。」のとおり。

時間に余裕ができたのでネットを徘徊していたら、
FlashAir がいつのまにか
モバイル・ルーターに接続できるようになっていた。
どうやら2013年11月中旬からできるようになっていたようだ。

ここで重要なおことわりです。
FlashAir でも class6 のヴァージョンでは
どう逆立ちしてもできません。
Class10 のヴァージョン(SD-WD、SD-WEなど)を
使用します。そのなかにはファームウェアのアップデートが
必要な物があります。最新版のFWにしておいてください。

また後述のアプリは Windows8.1 以降が条件ですが、
自分の環境ですと Windows8.1 で使用したところ
FlashAir を探すことができませんでした。

これらのことを踏まえつつ
Windows10 ノート PC と SDカードスロット付きの
カメラを接続して、撮影した画像が
次々と表示されるテザー撮影の設定を試すことにした。

https://www.youtube.com/watch?v=XphesIOFO4I

の2分15秒あたりからのように表示されます。

おっと。
モバイルルーターを介して接続するのは
ダイレクト接続の場合、カメラの電源切れると
(電源を切ると)再接続されないことが多いこと。そして
1Dmark3 などのマグネシウムボディのカメラは
電波がシールドされ、超近距離しか接続できないためです。
従って、マグネシウムボディの場合は
モバイルルーターを介して接続する場合であっても
モバイルルーターをカメラの近く…
例えば 胸のポケットとかに入れておいて
使用することになります。


FlashAir とカメラ以外に用意するのは
プライバシーセパレータの設定が変更できるモバイルルーター。
(インターネットに接続できない SIM カード無しの状態でも可、
 今回も GP-02 を使用しました。)
FlashAir を設定するパソコン&カードリーダー。
など。
今回は Bootcamp で Windows10 搭載の
MacBookPro を使用しました。

まず、Windows10 パソコンをインターネットに接続した状態で
wifisd8 という無料アプリを手に入れます。
FlashAir を探す状態にする前にパソコンの接続先を
モバイルルーターに変更しますが、今はそのままで。

次にカードリーダーを使ってパソコンに FlashAir を接続し、
東芝の FlashAir のサイトから
「FlashAir 設定ソフトウェア」をダウンロードして
開き>ネットワーク設定…

“PHOTO”

「インターネット同時接続機能を有効にする」にチェックを入れ
アクセスポイントの SSID とパスワードは
モバイルルーターの SSID とパスワードを入力し、「適用」。
これで FlashAir の設定は終わりです。

FlashAir をカメラに入れます。
カメラの電源を入れ、オートパワーオフの時間を長めに変更。
モバイルルーターを確認して、接続されていない場合は
撮影してみたり、再生してみたりしましょう。

接続されたら 次は
パソコンの接続先をモバイルルーターに変更します。
アプリを起動し、FlashAir が認識できたら撮影します。
画像が転送され、表示されます。
必要に応じてアプリの画面を変更します。

言うまでもなく軽いデータの方が早く転送されます。

ダブルスロットのカメラですと、例えば
CF に RAW、FlashAir に JPEG という設定が
良いのではないでしょうか。



気をつけないといけないことは…

カメラの電源をオフ>オンで再接続できないことがあります。
だからといってオンのままですと予想以上にバッテリーが減ります。

SD>CF変換アダプタでは
電波の状態が悪いようで、極まれに接続できないことがありました。
アダプタの銘柄によっては側面?のアルミ板を外すことのできるものと
外すことができないものがありますが、
自分のは外すことができたので外しています。
(メーカー等は不明です。DELOCK製ではありません)。
1D X にSD>CF変換アダプタでも使えましたが
最初にパソコンが FlashAir を認識するのに手こずりました。
一度接続できればカメラとモバイルルーターが
離れるまでは大丈夫でした。

CaptureOne と同期させようとしたら wifisd8 が落ちるようになりました。
共存はできないんじゃないかと思います。
(CaptureOne と wifisd8 をアンインストールして、
wifisd8 をインストールしたところ復活しましたが)。







2016年2月8日 一部修正

スポンサーサイト



コメント

Secret

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム