FC2ブログ

やはりイボだった


今年最初の休みとなった1月5日。
満を持して皮膚科に行った。

今度こそ完治させたい気持ちで
病院を変えることにしたが、 以前の記事の皮膚科なので一抹の不安が。

かなり早めに行ったが、今年はじめての診察で
冬休みということもあってか、大混雑だ。15人以上、
60分以上の待ち時間ということで、受付票をもらって帰宅。
携帯やパソコンから「あと何人」かがわかるようになっているので
雑用をしながら待機する。

ちなみに結構年季の入ったシステムなので
iモード対応の縦長のページになっているが
いいんですよ それで。わかれば。
早い段階でこのシステムを導入していたということです。

といっても、隣接の駐車場が三台分しかなく、
広い駐車場があるものの、100メートル近く離れていて
わかりにくいからぢゃないかと。
個人的には狭い道路を隔てたところにある
お兄さん(だったはず)の内科小児科の駐車場と
うまいことできないかと思うんですが…。

めどとしていた5人待ちが近づいたので病院へ向かう。


肝心の診察はというと…やはりイボ。

早速液体窒素での拷問…ぢゃなかった治療が始まった。
前に診てもらった病院では
女性看護士さんがやさしく塗布してくれたが、
今回は先生みずからグイグイっと塗布っ!という勢い。

こちらも早く治したいので我慢したが、ちょっとキツイ。
同じ痛さで例えると、ハンダ付けの時にハンダを溶かしていて
ちょっと滑って、自分の左手に!という感じか???
…かなりわかりにくいし。普通あまりない出来事だし。
それが広い範囲にわたるので すっかり疲れてしまった。


会計を済ませ帰路に着くも
あまりの痛さに満足に歩けない。
短い距離だが、やっとの思いで帰宅し
鎮痛剤を飲んで寝ることにした。







スポンサーサイト



コメント

Secret

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム