FC2ブログ

続・WFT-E6B と戦う


寝転がってネットを徘徊するのに重宝していた iPad。
ちなみに MD512J/A というモデルである。
それは本来の購入目的ではなかった…。




そこで
大枚を投じて EOS-1D X の画像をワイヤレスで取り込めるようにした。
ここまでは前々回で紹介したとおり。

その後は…

まず、接続が不安定で困っている。
調子が良い時は
カメラがスリープになって iPad と連携しなくなっても
(実際は回線がどうなっているのかわからないが)
レリーズボタン半押しで撮影態勢になると うまく繋がって
画像を取り込みことができるのだが、
多くの場合…山の中で他のネットワーク(野良電波)が無いところでさえ
あっさりとカメラを見失ってガッカリさせられる。

また、WFT-E6B を使うとバッテリーの減り方が尋常ぢゃない!

何とかならんかねぇ〜。



次に、取り込んだ画像が
それなりの色味で表示されているのだろうかという疑問が出てきた。

こちらは 今 Macbook などで使っている X-Rite i1 Display Pro を使って
iPad のカラーキャリブレーションができる ColorTRUE というアプリを発見。

写真

なかなか良さそうです。
ついでに iPhone も設定してみる。

写真


しかし、取り込んだ画像を twitter でアップロードしてみると やけに暗い。


これは 取り込みが早くなるよう JPEG 画像のみを送受信するようにしたため
撮って出しの画像が全てアンダーだから 暗い画像ばかりになってしまうという理由だ。
オーバー気味に撮影されないように
「AEアジャストメントを使わずとも若干アンダー気味に」なるようにと
キヤノンで調整してもらったので 、RAW を扱っているだけでは困らなかったのだが
すっかり困ったことになってしまった。

またまた ネットを徘徊していると
様々な画像調整アプリに混じって Photoshop Express (iOS向け) を発見。

写真

日本語非対応だが、例の「棒から星が出ている」?アイコンにタッチすると
勝手に「それなり」の画像に調整してくれる。

写真
↑ BEFORE

写真
↑ AFTER

今のところ こちらが一番使いやすい。

そんなこんなで 接続方法などの情報が無い NEXUS の購入は見合わせ、
iPad を使い続けることになりそうな予感である。
いや、むしろ iPad Retina で Wi-Fi モデルの大容量版が欲しくなった…が、
16GB モデルしか無いのはナゼ?









スポンサーサイト



コメント

Secret

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム