FC2ブログ

ピンチは続く


お手洗いと戯(たわむ)れている間に土曜日がやってきた。

昼休憩に病院に行く。

東京から帰ってすぐに診てもらったのだが
処方された薬がやさしすぎて 改善がみられないままなのだ。
その旨を伝えると、抗生物質!痛み止め!解熱薬!
粘膜を保護する薬!という勢いで6種類も処方していただいた。
状況に応じて それらの中から必要な薬を飲むようにとのこと。
それらを服用すると なんだか落ち着いてきた。
ちなみに過敏性腸炎という診断だった。

食欲が無くて食事の必要が無かったとはいえ
待ち時間などで休憩時間が終わってしまったぞ。トホホ。
とガッカリしていたら
「夜の二次会は何を着ていくんですかぁ?」という質問。

そうだ 結婚式の二次会を撮影に行くんだったよ…。
何の準備もできてないぞ!!!

回らない頭を なんとか回してみると…
スーツは押入れの中の衣装ケースにある。
しかし十年以上着ていないので どうなっているか???
機材も準備していないし、残業確定で、集合場所まで公共機関で行く。
集合時間も考慮すると紳士服店に行く時間は取れそうにない。
体調も◯◯ピーが止まっただけで 食良くもないし…欠席??

ということで 出した結論は…

「渡部陽一のコスプレになっちゃうかも」

「えーっ???」





帰宅して衣装ケースを開けてみると 良くない状況が!

クリーニングの袋に入ったままのシャツは ちょっと変な匂い。
さらに 上着を着ようとすると なんだか小さい。
んじゃなくて、太ったんだなぁ。こりゃ。
ということは…ズボンが…ずっと起立の姿勢でいないと破裂しそう!!

仕方なくスーツの上下は諦めることにした。(申し訳ございません。)

で、どうなったかというのは内緒で…。

次は機材の準備。

参加している皆さんの自然な表情を撮りたいので 中望遠。
EF200mm F2L IS USM を選択した。
結婚式に限らず ピース・サインは どうにも好きになれないなぁ。

そして 最近のお気に入り EF24-105mm F4L IS USM。
ストロボとワイヤレスで接続するST-E2を鞄に詰め込んだ。

ここでなんとなく悪い予感がして EF24mm F1.4 USM を追加。
急いで家を出る。

が、焦っていたため 切符を通さずに改札を通ってしまい
呼び止められてアストラムラインに乗り遅れてしまうという失態。




なんとか会場に辿り着き いざ撮影…
のはずが ST-E2 とストロボが接続できず 光らないじゃないか!!!

こんな時のために ストロボの説明書(pdf)をパソコンに入れておいたはず…

が…リカバリした時に adobe reader をインストしてなかったよ… トホホ。

そうこうするうちに二次会が始まってしまったぞ。どうする???。

ガチガチに回らない頭を回していたら
スマホでダウンロードできることに気がつく。

キヤノンのページ からダウンロードして 設定完了。

しかーし、5、6回に1回ほどしか発光せず、
しばらくすると発光しなくなった。

なんと!まさかの電池切れじゃないのか!?



結局 ストロボを諦め ISO 1600 で撮影することに…。

ということで EF24mm F1.4 USM と EF200mm F2L IS USM で撮影。
悪い予感が当たっちまいました。
それでも ストロボを使わなかったことで 自然な表情が撮れたような気もします…。

写真

RAWで撮影し、新郎新婦の写真はクリックホワイトバランスで修正しました。
内容がわかる程度の画質にしています。





最後になりましたが、
ご結婚 おめでとうございます!
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

いや~大変でしたね...早く治るといいですね。

結婚式はメインのカメラマンでなければ、シンプルな機材で対応するようにしています。
大抵、24-70m1本ですね。状況で17-40m使うかな?(広角側があればOK)
ST-E2はそういう場では使わないです。光らない可能性があるので。
あと、縦位置にしたい場合は横位置で縦フレームを決めてトリミングで対応します。これはストロボによる影の出方を考えてです。
ストロボは天バンを含めて、光が自然にまわるようにすれば良いと思います。

Kさんの結婚式を撮影したとき、そんな感じで撮影しました。
いくつか難しい条件が重なり、思うように行かなくて残念な部分もありましたが、喜んもらえたので、良かったです。


No title

GrandPrixEyesさん、ありがとうございます。

薬を飲まなくても良いところまで回復しました。
まだ 時々 お腹がはったりします。

>横位置で縦フレームを決めてトリミング
は知らなかった!
このワザ、次の機会には 絶対使わせていただきます。

今回は天井バウンスという引き出しが目に入らぬ(?)ほど
頭が回ってなかったです。

ST-E2 の光連動方式(?)は同調しないことがありますね。

ニコンはD70の頃から すでにボディにST-E3の機能が内蔵されていて
SB-600 と電波方式でワイヤレス接続できていました。

ST-E3-RT と 600EX-RT の電波方式に期待しています。

Kさんの結婚式の写真は2&4で拝見できますでしょうか?

No title

>横位置で縦フレームを決めてトリミング

ピットの撮影でもよく使いますよ。横位置で撮影はするけど、
その時点で縦位置にするのを決めているので、
縦辺になる高さの方だけはしっかりきめるようにします。
被写体の横に影が出るのだけは避けたいので、この方法は重宝しますよ。

ストロボは、結婚式の場合、天バンがデフォと考えればいいでしょう。
天バンが使えないほど、天井が高いなら、ディフューザーを使うとか。
室外での撮影があれば、その場合だけポン焚きですね。

長くなるので、その他については、あとからメールします。

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム