FC2ブログ

雲台、その後


男は雨が止んだばかりのコースサイドに立っていた。
日曜日は走行会を撮影… をかねて雲台のテストだった。

実は かなりのチカラで締め込まないと
じわーっと動いてしまうと感じていたのだが、
案の定、宍戸錠、何台か撮影するたびにグラグラして
結局、雲台無しで撮影することになってしまった。トホホ。

おそらく、この雲台をデザインされた方は
首を振る際は動きが滑らかで、固定する際はしっかり固定できるよう

photo

矢印の部分を、片方はゴムにし、他方は金属にしたのではないだろうか?

サンニッパまでのレンズなら何とかなりそうだが、
それを超える重量のレンズを固定するのは難しいと思う。

手に入れた時点から気になっていたので、
ヤスリで滑り止めの傷をつけていたが、
金属対金属…いや、塗装面対塗装面では摩擦が無いに等しいだろう。
実際、最初は梨地に近い塗装面もツルツルの光沢面になっている。


コースはすっかりドライになって これからだというのに
撮影は午前中で切り上げて ホームセンターに行くことにした。

ゴムシートをカッターナイフで切るか、ゴム足を輪切りにするか。
と、店内をウロウロしていたら、螺子のコーナーでハッケーン!

ゴムワッシャー

家に帰って組み付けようとしたら、厚みがありすぎて
ゴムワッシャーを入れることができない。

ヤスリで先程の矢印部分の金属を少しずつ削ることにした。

削り過ぎないように注意して作業すると、
動きは渋いが、グラグラしない雲台の完成!

今度こそ 望んでいた雲台になっているはず…。




スポンサーサイト



コメント

Secret

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム