FC2ブログ

物欲の冬来たる。


風邪をひいてしまって、喉が痛い。

2日は雨が降るとわかっていたのに 雨具を持ち出さず
ずぶ濡れになってしまった。これが原因だろう。
身から出た錆とはいえ、トホホである。

いいコにして寝ていればよいのだが、
風邪薬だの食料だのを買出しに行かなくては。
ドラッグストアまでバイクを飛ばすが、いつもの調子じゃない!
こういう時は徒歩だなぁ。

食事の前に 昨日届いた荷物を開梱してみる。

まず、オークションで手に入れたレンズ。Planar T* 80mm/2.8。
洋楽に詳しくカメラに詳しくない方に説明すると
エルビス・コステロのディス・イヤーズ・モデルで彼が構えているカメラのレンズだ。
20数年前ならボデイとフイルムバックと一緒で30-40万円とかだったのでは?
今ではまずまずのコンデションで 3ないし4万円ほどが相場らしい。

これをキヤノンのデジタル一眼レフに取り付けて…。
といっても、そのままでは取付けることができないので
「マウントアダプター」なるものが必要になる。こちらは楽天ICHIBAで購入。

このアダプターには電気接点があり、ROMのデータから
カメラに 50-50mm/1.4 のズームレンズであると認識させるようになっている。
ROMは、カメラにレンズが取付けられていると勘違いさせ、
絞り優先の自動露出で撮影できる役割だけでなく、
ピントが合っているかどうかを確認する
フォーカスエイドという機能を働かせるという役割も担っている。
EOSの場合、カメラの設定を電子音「入」にして ピントを合わせたいフォーカスエリア
でピントが合うとファインダーの合焦マークが点灯し、「ピッ」と鳴る仕掛けだ。

試しに数枚撮って確認してみると かなりの前ピンである。
マイクロアジャストメントの機能を使って調整することに。
しかーし!調整の限界である後方向に20にしても
まだ前ピンじゃないですかーッ。

このアダプターだけの問題なのか?

とりあえず合焦の音がした後で、少しだけピントリングを
回して対応してみよう。なんちゃってフォーカスエイドじゃん。

最後に紹介するのは、オトンが街で見つけたお菓子。
クッキーらしきものが缶の中に入っているらしいが
この缶はどうやって作っているのか?
これだけの凹凸を機械で加工しているのか?
おそらくオトンも不思議に思って買ったのだろう。

注)帽子は金属製ではありません。

写真

EOS-1Ds Mark III + Planar T* 80mm/2.8 絞り 2.8
スポンサーサイト



コメント

Secret

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム