FC2ブログ

もっと速くなれ


新しい Mac Mini について。

予想していたことだが、CPU が 2.66GHz と言っても
エンコードなどの高負荷時に、常に
2.66GHz で動作しているかは疑わしい。
キヤノンの DPP で 数個の画像を RAW から JPEG
に変換してみたところ、かなりのストレスを感じる。
購入を検討されている方には、CPU が i7 になるまで
待つことをお勧めしたい。

対策として、USB 接続の HDD に RAW 画像を保存し、
Mac Mini で編集して保存した後、
Windows マシンに接続し直して変換させることにした。

初出時に「実質 1.33GHz が2個 云々」という記述がありましたが、
不適切と判断し、削除させていただきました。
申し訳ございません。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

どうも。こんばんは。

>実質 1.33GHz が2個
ではなく、実際に2.66GHzの動作周波数で動いています。
C2Dは、2.66GHzで動作する2コアのCPUです。
昔のDualCPUを1つのCPUの中に2つのコアを持たせたテクノロジーとなります。
従って、実質、2.66=1.33×2というのは違うと思いますよ。

No title

1.33×2というのは不適切でした。

ただ、Core i7 の
ターボブーストテクノロジーを体験すると
Core2Duo のもっさり感がわかっていただけると思います。

今後に期待です。

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム