FC2ブログ

弾丸ツアー (2012年2月)


一雨ごとに暖かくなっていると感じます。

さてさて、
週の中頃は比較的休みの希望が通りやすいこともあり
23日・24日と連休にしてもらいました。

…というのも23日から開催されている
日本レース写真家協会(JRPA)の写真展「Competition」に行こうと思ったからでして…。

昨年の写真展では
存じ上げている方に会うことができなかったので、今回は初日に伺うことにしました。

朝二番目の新幹線で写真展会場 > 六本木ヒルズの展望台 >
中古レコード店 > ショッピングなど >最終の新幹線で帰広という作戦です。

しかーし、地下鉄を2回乗り換えて六本木一丁目で降りたところで
iPhone の地図を頼りに移動しようとしたのですが よくわからない(泣)。
しかも結構な雨の中、三人での移動ということでタクシーを利用することにしました。
運転手さんに番地を告げてナビをたよりに 会場を目指します。

到着したところでメーターが動いていなかったことが発覚!
初乗り運賃のみを支払ったけど良かったのかしらん?

写真

AXIS の外観はこんな感じで、階段を降りて奥の右側が会場です。

雨で開場間もない事もあって来場されていた方が数名だったこともあり、
ゆっくり鑑賞することができました。
また お忙しそうにしておられた赤松Cマンに声を掛けていただきました。\(^o^)/

その後の予定がビッシリなので 短い時間しかお邪魔できなかったのが ちょっと残念。

イベントの開催も予定されているようです。まずは JRPA のページで ご確認を。

続きは またの機会に!





スポンサーサイト



写真ゼミのお知らせ


「GANREF被写体別ワークショップ 瀬谷正弘先生のレーシング写真ゼミ」
が開催されます。

 私は休みが取れないので欠席です。

http://ganref.jp/common/special/workshop_120303_seya/

リンクはこちら。








第26回 中国女子駅伝


今年の狙いは ゴールした選手と関係者のハグだったのですが…

ということで Coca-Cola West 広島スタジアムに向かいます。
3年前か4年前に初めて撮影した時は JR横川駅前からバスに乗ったはず。
バスターミナルでマリーナ・ホップ行きのバスを待つことにしました。

確か前回は女子高生でニギニギしていたはずなのに全く見かけない。
20分ほど待って流石におかしいなぁ…とバス停の表示を見ると
「日曜・祝日は運行していません。」って…やらかしちゃいました。
タクシーで行くことも考えましたが、よく見ると
「路面電車を舟入本町で降りてバスに乗り換えてください」とのことなので
ゴールが撮れるなら スタートはダメ元で、と割りきって路面電車に乗りました。

いつもの路面電車のスピードにイライラしていましたが、
信号の度に止まってしまうということがなく、
思っていたよりも早く舟入本町に到着。

小走りでそれらしきバス停を目指すと ちょうどバスが現れました。
そんなこんなでスタジアムのスタンドにたどり着いたのが
スタートの5分ほど前。

機材を準備してとりあえず撮影だー。

写真

写真

選手たちがスタジアムを出たあとは 日向ぼっこです。
天気は良いけど 時折吹く風はまだ冷たい。
な~んて ボーッとしていたら 選手がスタジアムに近づいたとの放送が。
エディオンの比嘉由理選手。

写真

スタジアムを一周して

写真

ゴールです。

で、肝心の関係者とのハグは?と思ったら 関係者が近くにいない!
ということで撮影できずデス。トホホ。

それにしてもこの時期にしては珍しく良い天気でした。

写真





女子ボクシングの巻


先日、夕方のローカルニュースで女子ボクシングの大会のニュースが。
「しずちゃん」こと山崎静代選手が11日の決勝に出場するということで撮影に行きました。

情報が少なく、何時に始まって 何時に終わるかがわからないまま
適当に9時半に会場入りすれば良いかなと…。
しかも会場に駐車場がほとんど無さそうなので、
いつもお世話になっている職場の先輩に相談してみると
送っていただけるとのこと。すばらしい!

10日の夜遅くにネット上で試合開始時間などの資料を発見!
11時からのようなので 出発時間を45分遅らせようとメールをしたのですが
いつものように分かりにくい文章になり(?)最初の予定通り出発することになりました。

会場に到着してみると 予想通り「観戦の方は3階へ」の案内がはられています。
外階段を上がって館内に入ってみると応援する方々がたくさん。
メディアの皆さんが三脚で場所取りしている間に滑りこんで
撮影場所を確保です。
そうこうするうちに自分と同じように
テレビで試合のことを知ったとおぼしき人が続々とやってきます。
45分遅らせていたら撮影場所は無かったことでしょう。

体育館での撮影ではスリッパが必須アイテムなのに
すっかり忘れています。トホホ。
しかも焦って準備したので お茶は忘れるし、
今にも穴が開きそうなソックスで ちょっと恥ずかしい。

さてさて、
会場を見てみるとミーティングのようです。
メディアの皆さんが結構います。その先には山崎静代選手。

写真


しずちゃんが出るまで観戦したり、テスト撮影したりして過ごし、
いよいよ試合が始まりました。
(これじゃあ、小学生の作文だなぁ。)

写真


写真

写真

写真

序盤は打たれてばかりでしたが…

写真

写真

写真

徐々に調子が出てきたようです。左腕がすごいことになってますね。

あっという間に試合が終わりました。

写真

ピント合わせに集中していて試合内容は よくわからなかったです。
結局のところ、判定で しずちゃんの勝ち~。ということです。

写真

写真

試合が終わっても しずちゃんの笑顔があまり見られなかったのは ちょっと残念でした。
(メディア向けには たくさんあったのに…)










無題。2012年2月


自分のイメージでは「原子力発電は初期の自転車」である。
楽に移動できるがブレーキが無いため 足をつくなどして止めなくてはならない
あの前輪が大きく後輪が小さい 初期の自転車である。

あれは小学生の頃だったか中学生の頃だったか?

NHK・朝のローカルニュースで
「…、◯◯さんが当時一緒に働いていた××さんと△△さんを探しています。…」
「…、□□さんが8月7日から一緒に片付け作業をした☆☆さんを探しています。…」
とかいうのを頻繁に放送していた。

何の放送かというと
原子爆弾が投下された時、あるいはその直後に自分がどこにいたかを明らかにする
証人を探すための呼びかけである。

終戦から20年以上が経ち(当時) 被ばくされた方も中高年になり、放射能が原因と思われる
さまざまな病気で多額の医療費が必要になるのだろう。
「被爆者健康手帳」を取得しなくてはということで 証人を探す…。

手帳が交付された方には 現在も医療費の負担が軽減される施策が続いている。

原爆が投下されたことによって いったいどのくらいの損失があったのか?

一方、原子力発電所について。

稲わらの件もほとんど忘れていたところ
建築材料にも問題があったというニュースがあったりと
今後、さらなる不安要素が顕在化するかもしれない。
これから20数年?後になって
健康に関する問題が明らかになる可能性も無いとはいえないだろう。

「…、◯◯さんが当時一緒に避難していた××さんと△△さんを探しています。…」
というアナウンスが聞こえてきそうだ。


ブログの原稿を準備していたら
http://s1-04.twitpicproxy.com/photos/large/513258885.jpg
という画像が紹介されていた。

定期検査などで54基のうちのほとんどが停止し、
4月中にはすべてが止まるらしい。
夏の電力需要を考えると大変なことである…と同時に
発電の方法について多くの人が多くのことを考える良い機会だろう。

原子力発電に反対する人は 何らかの意見を述べるだろう。

黙っているということは

原子力発電をやめてしまうと 電気が足りなくなる。
原子力発電をやめてしまうと 関連した仕事をしている人が失業する。
原子力発電をやめてしまうと CO2の削減目標が…。

だから早いとこストレステストをやっちゃって
夏までに再稼働しちゃいましょうや。

ということだろう。





コメントは「受け付けない」に設定しています。

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム