FC2ブログ

2011年も折り返し


今年の折り返し地点が見えてきた。

「少し勉強する時間を作って将来に備える」と宣言したものの、
ほとんど…何もできなかった。

トホホ。

また、コンビニの募金箱にお釣りを入れ続ける企画も
5月末で 集まったお金の行き先が日本赤十字社ではくなったため
ひとまず終了となった。

これまた トホホ。

後半戦は頑張るぞ…って、何を??



スポンサーサイト



再手術に臨む


点滴の針がうまく入らず、2回失敗。しかも
なぜか点滴が途中で止まってしまった。

それらは私たち親子にとって
悪い予感としては充分なものだった。

なんだか時間がかかるなぁ、と思っていたら
術後の説明で、血管の細くなっている部分を
ドリルで拡げている途中で破れて出血したそうだ。
ヒーッ。

ちなみに太さは2ミリほどとのこと。

高齢者ではよくあることなのか?
すぐに止血し 今晩は ICU のお世話になることに。

それでも来週の頭には退院できるという。


手術終了


きのうの続き。

朝早くから病院へ。

無理をお願いして休みをかわっていただきました。
T田君に感謝です。

十年ほど前だったか、手術は定刻に始まるものと思って
5分前に病院に行ったら 既に始まっていて
多くの人をがっかりさせてしまった経験を生かし、
きょうは 早めに。

検査や手術は前の人が終わって かたずけが済んだら
すぐに次の患者さんの検査や手術をはじめるのか?

今回も10時からの予定が、9時45分から点滴、
9時50分には車椅子がやってきて連れて行かれてしまった。

検査室の前で待っていると、11時20分頃に終了の連絡があり
元気そうな声が聞こえてくると、なんだかホッ。
普通に車椅子に座っていた。

すぐに担当医師からの説明を受ける。

手術中の画像がパソコンに録画されていて
それを見ながらの説明によると
結構な長さの血管が詰まっており、ステントを3個入れたとのこと。
また、ちょっと違うところに かなり細くなった部分があり、
一週間後にもう一度ステントを入れる必要があるとのこと。

オトンに手術の感想を聞いたところ
痛みもなく、カテーテルが体の中に入っている感覚はなかったそうだ。
ただ、途中で体の中が一瞬熱くなったという。
推測だが、カテーテルを通して血栓の様なものを吸いながら
血液が止まっている部分に通り道を作ったとき、
急に血液が流れたので そう感じたのではなかろうか?

トイレに行くために点滴台?を右手で引っぱって
部屋を出て行く足取りは元気そのもの。
ひと安心したところで 帰宅することにした。



奇跡の人?


昼休みも終わり、午後からの仕事に励んでいたら
携帯に登録していないところから電話が。

「XXX病院ですが…」

有名な救急病院だ。
うわっ、ついに来たか。
オトンかオカンがどっかで倒れて運び込まれたのかっ。

オトンが心筋梗塞だとのこと。

「今から入院するので、すぐ来ていただけますか?」

かねてより、かなりの歳だし、仕事の内容から
死に目には会えないこともあると思っていたので

「仕事が忙しいので無理です」

と言ってみたら「夕方でも良いです」との返事。

なんでだ?

「明日、カテーテルを入れる手術をするので…」

って今日じゃないのかよ?

なんだかよくわからないまま、準備をするように言われた
パジャマだの肌着だの箸だのスプーンだのを買って
病院に向かうことにした。

初めて行くところなので詳しい先輩にメール&電話すると
車で連れて行ってもらえることに。
この場を借りて、ありがとうございます!

病院に到着し、6人部屋の病室に入り
仕切りのカーテンを開けてみると…




なんと、普通に食事をしておりました。

なんでだー。

だったら自分で電話しろよぉ。


説明のために担当医がこられるまでの間に
どうしてここへやってきたのかと聞いてみると

先週末、歩いている途中で突然めまいがして
何かにつかまらないと立てない状態に。
なんとか家に帰る。
週末は病院が休みで月曜日にかかりつけの医院へ。
で、大きい病院での検査が必要だということで
紹介状を書いてもらって きょうの受診になったという。

そうこうしていると担当医がこられ、説明を受けると…

心筋梗塞は病院に辿り着くまでに50%の人が死亡している。
(ネットで検索すると これはやや古いデータで
 現在はAEDの設置などで改善されているらしい)

心臓の部屋のうち、一つがちゃんと動いていない。
…つまり心臓を動かす3ミリほどの血管が詰まっている。

腕からカテーテルを入れ、テレビでおなじみの「ステント」で
血管を拡げる。

順調に行って2週間程度で退院。

ということだった。

心筋梗塞は病院に辿り着くまでに50%の人が死亡している
というくだりで 徳光和夫さんのCMを思い出した。
気になる方はさらに検索を。

こうしてブログのネタにしているが、
発症して数日間も放ったらかしに近い状態で よくぞ生きていました。

酒もタバコも縁がなかったし、ストレスの無い生活だとしても、
何か持ってるなぁー。




続・タイツ・デビュー


レースフォトグラファー体験講座でお薦めのセクスィータイツ「C3fit」用に
モンベルのジオライン・メッシュブリーフを購入し、テストの機会をうかがっていたところ
サイクルロードレースを撮影することになった。

ちなみにブリーフが苦手の方にはトランクスタイプも有ります。

下半身は この組み合わせにするとしても、問題は上半身。

以前、職場の先輩に薦められた「アンダーアーマー」を
ネットで探さなくては…と思って、すっかり忘れていたよぉ。
今から注文していたのでは間に合わないので
実店舗で買わなくてはならないぞ。

ブランドによっては取扱いがあったり 無かったりで
市の中心部まで出掛けることになってしまうのかと思って調べたところ
イオン系列の「スポーツオーソーリティ」で取扱っているようだ。

ブランドによる取扱いの有無には苦労させられる。
C3fit は「スポーツオーソーリティ」での取扱いはないようだし、
オーディオでは大手家電店でも「ラックスマン」とか、
あるいは「アキュフェーズ」とか…。
大人の事情か。

早速バイクを飛ばして、MCM3423 UA HGコンプレッションLSモックの黒を発見!
スポーツオーソリティ・カードの提示で5%オフとくれば
お買い上げ~っ。 4,588円也。



前述のウエアに白いTシャツでヨンニッパを担ぎ
片道5キロほどを徒歩で移動したが、
ムレムレになることもなかった。
もちろん疲れ具合が ぜんぜん違うのはいうまでもない。

写真

iPhone にて自分撮り。

ただ、問題が!

黒ずくめに近い状態のせいか
蜂は寄ってこなかったが、それに近いブンブン系の虫がやってきて
耳元でホバリングしたり、
顔の周りを飛びかって撮影に集中できない~っ。トホホ。

虫除けスプレーは必須だなぁ、こりゃ。





FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム