FC2ブログ

さようなら2010年


来年が良い年でありますように。



スポンサーサイト



あなたの名前は


やっと休みに辿り着いたという感じ。

先日の風邪が治りかけたところで 別の風邪をひいたのだろうか、
まる一日 お腹の中で急行列車が走った日があった。
仕事も毎日忙しい。
苦しい日々だったが、少しずつ良くなり 咳もほとんど出なくなった。

雲が切れて青空が覗いてきたので 食料を買出しに行く。
火曜日はポイントを割増しにしているスーパーが多い。
人が多いとそれだけで疲れてしまうなぁ。
冷静に考えると、自分もそのうちの一人だ。

3,000円ちょっとの金額になるように
野菜ジュースを6本入れたカゴを
何度も前にしたり上にしたりしながら
ショッピングカートとぶつからないようにするのは
ほんとうに疲れてしまう。

レジを済ませて店の外に出ると曇っていて、
家に着いて荷物を運び入れたところで
雨が降り始めた。
やれやれ。

雨が降る前に パッ と晴れ、
降らないのかと すっかり騙されたところで
サーッと降りだしてしまって 濡れてしまうという、
よくある この展開に 何か名前があるのだろうか。


ゆっくり休めず


薬が切れると咳が出続ける。

昨日は朝から膀胱炎気味で、何度もお手洗いへ。
それが落着いて、もうすぐ昼飯というところで
バッテリーが上がったので ブースターケーブルを買って
車で来るよう出動命令が。

どうにも気が乗らない。風邪のせいもあるが、
日曜日のホームセンターは人や車が多いからなぁ。
ケーブルはスクーターで買いに行ってもらうことにして
車を走らせる。

到着すると、すでにボンネットを開けて
早く接続してくれと言わんばかりの ご様子。
早速、作業に取り掛かる。

接続は自分の車のプラス>相手の車のプラス、
相手の車のマイナス>自分の車のエンジン部分…というのは
ご存知のとおり。

そして、ここで自分の車のエンジンをブンブン回して
その間に相手の車がセルを回す…。んじゃなくて、
短くても3分ほど ちょっとだけ回転を上げて
相手の車のバッテリーを充電するのがポイントらしい。

ちょうど3分して相手の車にセルを回してもらうと、
一発で掛かった。。。ホッ。



物欲の冬来たる。


風邪をひいてしまって、喉が痛い。

2日は雨が降るとわかっていたのに 雨具を持ち出さず
ずぶ濡れになってしまった。これが原因だろう。
身から出た錆とはいえ、トホホである。

いいコにして寝ていればよいのだが、
風邪薬だの食料だのを買出しに行かなくては。
ドラッグストアまでバイクを飛ばすが、いつもの調子じゃない!
こういう時は徒歩だなぁ。

食事の前に 昨日届いた荷物を開梱してみる。

まず、オークションで手に入れたレンズ。Planar T* 80mm/2.8。
洋楽に詳しくカメラに詳しくない方に説明すると
エルビス・コステロのディス・イヤーズ・モデルで彼が構えているカメラのレンズだ。
20数年前ならボデイとフイルムバックと一緒で30-40万円とかだったのでは?
今ではまずまずのコンデションで 3ないし4万円ほどが相場らしい。

これをキヤノンのデジタル一眼レフに取り付けて…。
といっても、そのままでは取付けることができないので
「マウントアダプター」なるものが必要になる。こちらは楽天ICHIBAで購入。

このアダプターには電気接点があり、ROMのデータから
カメラに 50-50mm/1.4 のズームレンズであると認識させるようになっている。
ROMは、カメラにレンズが取付けられていると勘違いさせ、
絞り優先の自動露出で撮影できる役割だけでなく、
ピントが合っているかどうかを確認する
フォーカスエイドという機能を働かせるという役割も担っている。
EOSの場合、カメラの設定を電子音「入」にして ピントを合わせたいフォーカスエリア
でピントが合うとファインダーの合焦マークが点灯し、「ピッ」と鳴る仕掛けだ。

試しに数枚撮って確認してみると かなりの前ピンである。
マイクロアジャストメントの機能を使って調整することに。
しかーし!調整の限界である後方向に20にしても
まだ前ピンじゃないですかーッ。

このアダプターだけの問題なのか?

とりあえず合焦の音がした後で、少しだけピントリングを
回して対応してみよう。なんちゃってフォーカスエイドじゃん。

最後に紹介するのは、オトンが街で見つけたお菓子。
クッキーらしきものが缶の中に入っているらしいが
この缶はどうやって作っているのか?
これだけの凹凸を機械で加工しているのか?
おそらくオトンも不思議に思って買ったのだろう。

注)帽子は金属製ではありません。

写真

EOS-1Ds Mark III + Planar T* 80mm/2.8 絞り 2.8

2011年


12月だ。
来年のことを言っても 鬼は苦笑いといったところか。

オトンの働いていた会社は バブル崩壊後 数年して
同業他社に吸収され、企業年金が相当減額になった。
自分の会社の将来を考えると同じ道をたどりそう。
もちろん、そうならない可能性もあるが。

2011年は自分にとって「準備の年」と位置づける。

そして、今ここに
「少し勉強する時間を作って将来に備える」と宣言してみよう。
ただ、何を勉強するかは ハッキリしていない。

それから写真について。
もちろん、レースフォトグラファー体験講座など
モータースポーツの写真を撮り続けます。
レースのスケジュールと重ならず、休みが取れれば
織田幹雄記念国際陸上競技大会に行きたい。

スケジュールなどの詳細はまた別の機会に。

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム