FC2ブログ

まだスキャナと戦う


懲りずにフィルムをスキャンしてみた。

写真

撮影データ:ニコン F3、レンズ・露出データは不明。フィルムは KL200。
      1988年頃の WEC IN JAPAN にて撮影。
Photoshop の自動補正適用> キヤノン DPP でゴミ消し。

縮小していないファイルはこちらの写真をクリックしてください。

手前のお兄さんにピントが・・・
スポンサーサイト



続々・スキャナと戦う


>スキャナのソフトの設定で改善されるのでしょうか?

ということで、ソフトの設定を変えてみた。

写真

「 FlexTouch 」というのは、おそらく独自の補正をする設定なのだろう。
レベルを20から0にして、「適用」のチェックを外す。
また、Unsharp Mask の Amount を 0にしてみた。

結果は・・・

写真

キヤノン DPP でシャープネスを 250(中)にして、等倍切り出し。

左のマンション?の窓、右の建物の給水タンクの囲いも自然です。
画像は省略するが、電線や自動販売機の不自然な感じもなくなっています。

続・スキャナと戦う


>ピントも甘いが、スキャンした画像も甘いような気がする。
>EOS55 と最近のレンズで撮影したポジと比べてみたいと思っている。
>次の休みにでもフイルムを買いに行ってみよう。

と思っていたところ、
キヤノン New F-1 NewFD 50mm f 3.5 で撮影した ポジを発見した。
撮影は1990年代前半。鏡像(裏焼き)になっています。

写真

↓ 100%の大きさで切り出し。

写真

↓ よく見ると 細い線が 正確に再現されていません。

写真

自動販売機の赤い線や「 NITTOH 」のロゴ、その手前を横切る電線が不自然です。

写真

↑ こちらの電線も。

写真

↑ 左のマンション?の窓、右の建物の給水タンクの囲いも不自然です。

スキャナのソフトの設定で改善されるのでしょうか?

スキャナと戦う


昨夜、ブログを更新してからも 悶々とした時間を過ごした。

「スキャナは認識されているのに・・・」

ASPI なるものがダメなのか?
検索し 手当たり次第にインストールしたり、
system32 のフォルダに貼り付けてみたりするが
ウンともスンとも言わない。

昼休みも 原因は何だろうかと悶々とした挙句、
会社から逃げるように帰り、
ハッセルの海外サイトに行ってみたら
Windows 用の Flexcolor 4.0.3 というソフトを発見。
SCSI なんとかという表示があったので、ダウンロードしてみた。

インストールして立ち上げると
登録番号を入力する画面が出た。
こちらはダウンロードする前に機器を登録したときに
割り振られた REG5810***2 という記号番号のようだ。
入力するとウインドウが消えた。

と、同時に スキャナがカチカチと音を立てて起動した。


フイルムの乳剤面を下にして、ホルダーにセット。

写真

プレビューし、データの必要な部分を指定したら、実際にスキャンする。
36*24 ミリで 7分ほど。
画像が裏焼き状態なので、Photoshop で
画像の回転 (G) >カンバスを左右に反転 (H) を使って正常な
画像にする。

最初から 乳剤面を上にしてスキャンしても良さそうだが
ピントが甘くなるらしい。

先日の次のコマを スキャンしてみた。

写真

ピントも甘いが、スキャンした画像も甘いような気がする。
EOS55 と最近のレンズで撮影したポジと比べてみたいと思っている。
次の休みにでもフイルムを買いに行ってみよう。

ところで、ワイン・ガードナーの左の女性は
櫛谷稔子さんであろうか?

続・SCSI コネクタと戦う


Imacon 社の Flextight Photo というスキャナーを手に入れたものの、
PC に接続できないでいる。

きょう ケーブルと PCI ボードが揃った。

ケーブルはサンワサプライの KB-SPC2 。
ハーフ 50pin の PCI ボードに 変換アダプタなしで接続できる。

一方の PCI ボードは ラトックシステムの REX-PCI30LH
有償で Windows 7 に対応したドライバが提供されており、
それを適用すると ボードは認識された。
Windows 7 の 64bit パソコンは何かと不便だ。

さて、ボードが認識されたので スキャナーを接続し、
付属のソフトを立ち上げる・・・がっ!・・・応答がない!
XP の 32bit では付属のソフト ColorFlex 1.9.2 を立ち上げると
デバイス マネージャーでは?マークになっていても
スキャナーを認識して 電源ランプが点滅から点灯に切り替わるのだが。


ネットを徘徊するうちに 海外のハッセルブラッドのサイトから
FlexColor 4.8.6 というソフトをダウンロードすることができた。
早速 インストールしてみたら、何と日本語で表示されるではないか!

期待して起動してみたら・・・やはり、応答なし。
しばらくすると、ハードウエアを検出しましたとかの表示が出て
何やらドライバを適応させている。
デバイス マネージャーをチェックすると、

写真

イメージング デバイスとしては認識されているようだが・・・

うーん。

Vリーグを観戦するの巻


V リーグ(プレミアリーグ男子) の試合を観戦した。
とりあえず、写真のみ掲載。

写真

写真

写真

写真

ボールが ちょうど良い位置に写りませんねー。

写真

チア・ガールによる応援もあります。

SCSI コネクタと戦う


先日より試みているフイルム・スキャナーと PC との接続。

きょう デオデオ本店近くのコンプマートで変換アダプタを購入し、
ついに完結かと思いきや、またしてもNG。

Windows 7 64bit 版に対応した PCI の SCSI ボード REX-PCI34W が必要のようだ。

XP の 32bit 版では接続できたが、USB1.0 の頃のパソコンなので
データを保管したり、編集するために移動させることを考えると
なんとかしたい。

スキャンした画像は

クリックで拡大表示

クリックで拡大表示します。

黒いフチはフイルム・ホルダーで、画面の左端はカットしました。
天地が約24ミリ相当になります。

3000dpi でスキャンして作成された TIF データを
キヤノン Digital Photo Professional で
明るさ、コントラストと彩度を補正しました。
拡大画像は フォトショップの「自動カラー補正」を適応させています。

撮影データ

ニコン F3、レンズ不明、RVP。
クシタニ鈴鹿店 オープニング・イベントにて撮影。

埃が気になるが、なかなか良いのではなかろうか?

GV-MC7/VS と戦う


ひょんなことから IO DATA の GV-MC7/VS を導入することになった。
Windows 7 のマルチメディア統合アプリケーション「Windows Media Center」専用の
TVキャプチャーだ。

丁度 パソコンの隣に鎮座していた アナログの液晶テレビが壊れて
地デジ対応の15V型か17V型を買うべきか
パソコンにテレビの機能を追加するべきか悩んでいたところだった。
流れには乗ろう。

価格は店頭で1万2千円程度、ネット通販ではさらに安い。

こちらの通過儀礼があり、
説明書のとおり設定すると テレビを視聴することができた。

こちらのページの情報も役立つかもしれません。

写真

さて、肝心の使用感。困った点は・・・

BSと地デジの切り替えが ワンクリックでできない点。
リモコンが別売になっているが、これはメーカーの思う壺だなぁ。

留守録はできたが休止モードに戻らないみたい・・・。
こちらの設定も試してみたが、効果なし。

リカバリすると 今まで録画したデータが無効になるらしい。
マイPCのメインHDDを 320GBから500GBにしたら
別のPCと認識されて再生できなくなった。

DVD、BDに保存する際に コマーシャルをカットするなどの編集ができない。

番組表からしか録画予約できないので、新鮮な番組表のデータが必要なのに
現在放送中の番組でさえ 「番組データはありません。」 となる。特にBS。
インターネット経由で番組表のデータを更新しているのかな?

動きの早い場面ではコマ落ちになる。
フィギュアスケートで 「トリプルなんとかー」 という場面では
一瞬遅れてコマ落ちに。データの処理が追いつかないのか?
注) 録画していないので 録画データがどうなっているか未確認。

タイムシフトに対応するため テレビ視聴中は
常に データを保存する HDD にアクセスしているのが気になる。

そんなパーツだが、増設した HDD にデータをコピペできるので、
レコーダの容量に縛られること無く、東芝 REGZA のような使い方ができるのだ。

この点は スバラシイ!

2010 年


明けまして おめでとうございます。

新年早々 いろいろあって、前途多難の予感です。

そして今年 最初の休み。
昨年末にヤフオクで落札したフイルム・スキャナーが到着するも、
一緒に送られてくるはずの MAC G4 本体が無く、
さきほど出品者から「勘違いしていました」との連絡があった。

Windowsマシンでも使えるようなので、接続しようとしたら SCSI 接続だった。
USB 機器が発売になる直前からパソコンに接しはじめたので
よくわからないが、どうやら USB に変換するケーブルが出ているらしい。

さっそく ビックカメラに直行するも、SCSI 関連のものは在庫を減らすため
商品の補充をやめており、変換ケーブルも 先月 最後の在庫が売れてしまったとのこと。

しかたなく 50GB のブルーレイ-Rを買って帰ろうとしたら
持ってきたはずのポイントカードが無い。
忘れてるよぉ。

こんなスタートを切っていますが、今年も よろしくお願いいたします。

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム