FC2ブログ

MFJGPの予選


10月も きょうで終わり。
鈴鹿サーキットではMFJグランプリが開催されています。

S字で撮影していたところ・・・

写真

これにはビックリ。

カメラマンは右手を何度も振っていらしゃいましたが、怪我をされたのでは?
(追記:マシンの部品が飛んできたようです)

また、GP125の予選では転倒して 自分のマシンの下敷きになったまま
コース上を滑った選手を目撃しました。

二輪の転倒は一歩間違えると大変なことになると
認識した一日でした。
スポンサーサイト



DPPが Ver 3.7.2 に


キヤノンのDPPが 3.7.2 にバージョン・アップ。
リンクはこちら

アメリカのHPでは10月18日に公開されていたのに
どういうわけか10月29日の公開となりました。

NRプレビュー...というボタンが増えて
ノイズリダクションの状態が確認できるようになっています。

バージョン・アップといえば鈴鹿サーキットも ちょっとだけ。

写真

S字のトンネルを出たところのスロープに
白い手すりが設置されました。

これで雨の日も安心!・・・って 降ること前提かよっ?

盛者必衰


NHKスペシャル「自動車革命 第2回 スモール・ハンドレッド 新たな挑戦者たち」を観た。

日本はイギリスやアメリカと同じような道をたどるのか?

あとから来たのに追い越され・・・(「ああ人生に涙あり」)は世の常か?

第1回の再放送は2009年10月28日(水・27日深夜)午前0時45分~1時34分 総合テレビで。
必ず リンク先のページで確認してください。

EF200mm F1.8L USMと戦う


ひろしま空の日2009 ふれあい秋まつり(広島空港)からの帰り
カメラのキタムラ某店の店長から電話があり
EF200mm F1.8L USMの中古が入荷したという。

早速 行ってみると青味がかったグレーのトランクケースが置いてあった。
確かこれは I 型で ベージュ系のトランクケースが II 型だったはず。
ケースを開けて 取り出してみると まったくキズがない。
前のオーナーは実践に投入したことがなかったそうだ。
ただ フードの内側はかなりスレがある。
これは収納時に少しでもコンパクトになることを狙ったため
クリアランスに余裕がないからだろう。
値段は36万9千円。

EOS-1Ds Mark III に取り付けて覗いてみると
明るい! しかも なんだか色がきれい!
買うか買わないかは別にしても 気になったので
データを持ち帰るために試写してみる。

写真

500X333で画質10で切り出し。(以下同様)
1/640 f5.0 ISO 100 DPPのシャープネス5。

とりあえず32万にならないか交渉したが 無理とのことで帰宅した。

続きを読む

マークIV発表の巻


キヤノンからEOS-1D Mark IVが発売になる。

EOS-1Ds Mark II に匹敵する画素数で 10コマ/秒など。

不要な機能が増えてしまったが、気になるのは
まず、ISOオートという機能。これは
シャッタースピード(以下SS)と絞り値(の組み合わせ)を固定して
ISOを変えることにより 適正露出とする機能で、
例えば流し撮りの時にNDフィルターを使って
SSは1/125秒で絞りは11・・・でも16とか22とかになるとゴミが写るなぁ・・・
という時にSSは1/125で絞りは11のままISOがコロコロ変わる(?)機能。

スポットAF機能。これは
「超望遠レンズに備えられたAFストップボタンを押すと、
測距視野が約1/2に狭まり、ピンポイントのAFが可能」(カタログより)になる機能。
ただし、AFストップボタンが押しにくいのよね。

AEマイクロアジャストメント機能。これは
露出補正値がプラマイゼロの状態で常にちょっとアンダー目に撮りたい
という願いが叶えられたカタチ。しかもその匙加減まで。

他にもカタログを見てしまうと欲しくなってしまうことが書いてあるが
5Dの黒点現象や7Dの残像現象といった問題があるので
初期ロットには気をつけたい。

今回からAC/DC変換ユニットが付属しなくなったようです。
しかし、価格は50まんえん超?。下がることを見越しているのでしょうか?

☆追記☆

日本国内向け商品名:ワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E2 II Bの発売に関連して
EOS-1D Mark III と EOS-1Ds Mark IIIのファームウエアのアップが予想されますね。

ソースはこちら

空港へ行くの巻


「月刊カメラマン」誌の企画に落選してガッカリしていたところ、
広島空港”立入制限区域”見学ツアーに当選したというハガキが。

概要はひろしま空の日2009 ふれあい秋まつり
募集要項はこちら

写真

受付でパスを受け取ってバスに乗り込みます。
座席はあらかじめ決められているので 早く受付をしても無駄です。

写真

国土交通省の方がアンチョコを見ながら解説。

写真

パトロールの車に先導されてメンテナンス用の道路を走ります。上空から見て時計回りです。

写真

広島空港で離着陸を見る絶好のポイントもフェンスの中からはこんな感じです。

写真

誘導施設の説明をしています。

写真

これは何だったっけ?

写真

反対側までやって来ました。
飛行機に乗っていれば見ることのできる光景ではありますが・・・

写真

昨年まではバスから降りることができなかったそうですが、
今年はいったん降りて10分ほど写真を撮影したりできるようにしたそうです。

写真

ちょっとわかりづらいのですが、滑走路は水捌けを考慮して「かまぼこ型」になっています。

写真

空港のもっとも西側にやってきました。

写真

レーダーです。

写真

海上保安庁の建物からバスを見ると、こんな感じです。

ターミナル・ビルに近づきました。
写真

コンテナが並んでいます。

写真

駐機している飛行機も・・・(反対側の席だと よく見えると思います)。

写真

管制塔ですね。

写真

サンダーバード(古っ!)に出てきそうな消防車です。でかい!
ちなみにナンバープレートがついています。

写真

左端の白い車は救急車の役割をするそうです。
怪我人が多数出た場合、数台の救急車では力不足のため 大きな車両です。
これで終了。
最初に受け取ったパスのうち、写真の右側の「乗車券」は
記念に持って帰ることになります。

他には 海上保安庁や警察のヘリコプターを見学することができました。
写真

写真

逆光の写真ばかりなので 箸休め。

写真

子供だけでなく大人も座れますが、
県警のヘリは副操縦士の席のみ可で、海上保安庁は操縦士の席も可でした。

こんなもんはっけーん!!。

写真

写真

「飛行神社」は京都にあるそうです。
・・・ってな感じでした。

意外だったのは飛行機マニアと思われる方がほとんどいなかったこと。
今 ブームなのは鉄道なのでしょうか???

台風なのに野球の巻


事情があって野球観戦なのだっ。

写真

球場に到着した時点では傘をさした方は ほとんどいません。

写真

きょう唯一の収穫は「Ground Sand」なる商品があることが判明したこと。
価格は?

写真

砂かぶり席にキャッチャーが・・・

雨の日の観戦はカッパやポンチョでお願いしまーす。

F1決勝・・・帰宅


無事、帰宅しました。

15時50分頃、南コース駐車場を出発し、
くらたさんに教えていただいた道を進むも、
田茂町で28号線を南下してしまい、芸濃町役場あたりまで行ったところで
10号線を北西に向かい東名阪の関ICにストレスなく滑り込みました。
20時25分淡河PAに到着、帰宅は22時でした。

写真

エフワン、予選の巻


ホテルを午前8時すぎに出発して、渋滞にはまることなく、
9時30分ころに駐車場に到着。
今回のホテルと駐車場は今のところ「いい感じ」。
明日の決勝終了後、無事脱出できるか?

くらたさんに教えていただいたルートと
津ICから乗ってすぐSAで休憩し、渋滞が収まって新名神に向かうか
未だに悩んでいます。

とりあえず お約束の写真をアップして 早めに寝ます。
手前の緑のボケはフェンスです。

写真

写真

写真

明日は観戦モードで臨みます。

フリー走行


ホテルを午前9時すぎに出発して、10時10分ころ駐車場に到着。
すでにフリー走行が始まっていた。
デグナーの自由席で撮影しようとしたが、フェンスに邪魔されない上段は、
早くから場所取りされたと思しき方たちでいっぱい。

写真

早々に切り上げ、S字を目指した。

S字の最下段からは こんな感じ。

写真

午後のセッションはバックショット狙い。
あとから見直してみると、ヘルメットがほとんど見えない!

写真

写真

決勝はほとんど撮影できないので、明日が勝負。

あと、S字のエキストラ・ビューはヤバイっす。
コース側が盛り土で、最前列の方はロープより前には崖のみ。
金曜日の段階でもう限界だと思います。
(写真はF1マシンが走っていない時に撮影したものです)

写真

ピットウォークに行くの巻


F1観戦で鈴鹿へ。

午前3時半に出発して、確か9時15分ころパーキングゲートに到着。
しかし、満車のため みその駐車場を利用することになり、
走って正面ゲートへ・・・。

疲れたのできょうはおしまい。


写真

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム