FC2ブログ

YOSHIKI が登場?


来月の2009 AUTOBACS SUPER GT Round 6
第38回 インターナショナル ポッカ GT サマースペシャル


一部報道によると、
手術を受けた X JAPANのYOSHIKI(敬称略)が復帰の舞台に予定しているらしい。
入場者が増えてサーキットの収入になるのは良いことだが、レースは観ないんだろうなぁ。
きっと。
スポンサーサイト



1Dsは1Dとは違うのか?


講座に参加された皆さん お疲れ様でした。

さて、最後の方で話題になっていた
EOS-1DsMarkIIIのオートフォーカスの件です。

その1

その2

その3

その4

上の4枚の画像は#888の高橋孝臣選手を追い続けて撮影したもので、
連写して このように4コマ連続してピントが合うなんてことは珍しいです。

コーナーの立ち上がりでは、

その5

その6

その7

その8

通常、上の4枚の画像の場合のように
2枚目、3枚目がピンボケになり、なんとか4枚目で追従する感じです。

オートスポーツ

「週刊オートスポーツ」の2008年12/18号の特集によると

記事

ずっとN社を使われている金子博カメラマン以外は
C社ユーザーの ほとんどがEOS-1DsMarkIIIを使われているようですけれども
連写はしていないのでしょうか?? うーん??

レースの写真はすべて
2009年7月26日、鈴鹿サーキットのレースフォトグラファー体験講座で撮影したものです。

天気に翻弄されるの巻

天気予報は曇りのち雨だったような気がする。

午前中は厳しい日差し。ピットウォークの途中から激しい雨と風。
トップ10トライアルは曇り。ホテルに戻る途中から激しい雨。

トップ10トライアルの時間だけ雨が止んだのは
なんだか不思議な感じだ。

秋吉耕佑選手

秋吉耕佑選手が最速タイムを出して
あすの決勝へ。

夏休みが始まって


"コカ・コーラ ゼロ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第32回大会が 来週に迫ってきた。

盛り上がりに欠けているせいか、鈴鹿サーキット(モビリティランド)さんもキャンペーンを開催している。

毎年恒例だった ライディングスポーツ誌の臨時増刊も・・・無い。

ライディングスポーツ誌

いつも利用しているホテルも、半年前は最安値の部屋が予約できなかったのに
Y社のワークスが出場しないらしいといった話が出た頃から
キャンセルが出たのか、5月下旬には空室があり、簡単に乗り換えることができた。
こちらは、さきほどチェックしたら 土曜日は満室だったのでちょっと安心。

個人的には 昨年同様、秋吉耕佑選手の走りのみならず、どんなドラマが待ち構えているか
という点に注目していて、体験講座に参加する準備をしながら徐々に盛り上がっている。

当初、木曜日の仕事が21時までの予定だったので、金曜日は移動のみか
午後の遅い時間からの撮影を予定していたが、19時までの勤務に交代してもらえそうなので
仕事が終わって出発し、宿泊し、金曜日の午前の撮影という流れも視野に入ってきた。

11時発表のyahoo!の週間天気予報では
金、土、日とも「曇り」で降水確率は40%となっているが、どうなるのか?

きょうは8耐前の最後の休み。
世間の大部分は三連休なのに 日曜日のみ。しかも、午後から雨の予報とは・・・トホホ。

ということで、朝イチでホームセンターへ行き、
例のプロジェクトで使用するためのタッチペンを購入した。

タッチペン

比較的小さなホームセンターなので
マッキーの極太や適当な缶スプレーが無く、タッチペンも二本しか無かった。
日曜日までにビバホーム鈴鹿店へ寄ってみることにしたい。

「ザ・ソングライターズ」


「ちびまる子ちゃん」を見ようとしてテレビを点けたら
佐野元春が小田和正の詩を朗読していた。

「ザ・ソングライターズ」という番組だ。

同局で何年か前に放送されていた
「Inside The Actor's Studio」の匂いがする。
かなり参考にしたのだろう。 外見はそのような形としても、肝心なのは内容だ。

これだけ世の中に曲があって、オリジナルの曲を作るのは大変だろう。
詩と曲がマッチした作品や 自分が納得できる作品を作るのはもっと大変だろう。
締め切りやサビの長さの制約もあることだろう。

ほんの一部かもしれないが、そういった創作の苦労を窺い知ることができるという点で興味深い。

他にも考えさせられることの多い対話だったので、次回が気になる。

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム