FC2ブログ

moto1を撮影

5月17日の体験講座で学んだことを生かし
きょうは moto1 というイベントを撮影した。
天候がすぐれず、午前のみとなったが、
ヘルメットのAraiのステッカーに印刷されているHELMETの文字も
ごく稀にハッキリ撮影できるようになった(気がする)。


クリックで部分拡大表示

クリックで部分拡大表示

あとは重いレンズをコントロールする体力か??
スポンサーサイト



弱り目に祟り目 (2)

撮影が終わり、サーキットの駐車場を出ようとしたときのこと。

雨で窓が曇っていたので、
運転席側の窓をちょっと開けようとした・・・
が、開きすぎてしまい(これが予兆だったのだが気づかず)
閉じようとしても 閉じなくなった。

思わず開く側にスイッチを押してしまい、全開に。
窓も自分も固まってしまった・・・(≧o≦;)

スイッチに連動してドア内部から「カチッ」と音がするのみだ。

まずはドアの内張りを外してみようと思い
プラスドライバーを探す。

車載工具を取り出すため 荷物を降ろし
スペアタイヤの近くの工具袋を取り出すしてみたところ、なんと。
袋の中にはジャッキ用のレンチしかないではないか!
こんなところまでコストダウンかいっ!!

日が暮れる前に 解決しなければ。

荷物を積み込み 亀山のホテルに向かう。
ナビが壊れているため来た道を通って帰らなければならない。
平田町駅の手前にスズキの店を発見!
一緒に講座に参加した 助手席のWさんが
ここで修理することを強く勧めるのだが

「いまここに持ち込んでも部品がないのでは?」
と、パスしてしまう。

(ここで完璧に直せなくとも、窓を閉めてもらえば
たちまち 問題は解決していたのに、もはや冷静さを失っている。)

ホテルに到着してドライバーを借り、
内張りを外すが、「カチッ」と音がする部分に
手が届かない。
ガラスを両手で上げてみようとするが、ピクリとも動かない。

お腹が空き、疲れもピークに達したので
これ以上は さらに事態を悪化させると判断。
(このあたりは 妙に冷静だ)
雨の撮影に使う ペール用ごみ袋を
ガムテープで貼っていたら 強い雨が降り出した。
ツキがあるのか?無いのか?

貴重品をホテルに持ち込み 鍵も掛けずに朝を待つ。

・・・予報どおり雨があがって 快晴。

名阪国道を通る予定が、ナビが壊れているため
わかりやすい新名神を通り
440キロを 窓全開で帰りましたとさ。

弱り目に祟り目 (1)

週末は鈴鹿サーキットに。

金曜日の夕方、「オートスポーツ」誌が読みたくなり、
イオンモール鈴鹿ベルシティまで行くことになった。
亀山のホテルから5分ほどのところに書店があるのに
無理をしたのがいけなかった。

購入してホテルに向かおうとしたところで
「あれっ?」・・・カーナビの画面が真っ黒ではないか!!

何度か再起動してみたが初期画面以外は表示されない・・・トホホ。

アクセスランプの点滅状況と かすかに聞こえる音から推測するに
HDDが延々と同じ所をアクセスしているようだ。
どうやら逝ってしまったらしい。

HDDナビというと、分解し、HDDを取り出して、
PCに接続すると DriveCopyなどのソフトでコピーできそうだが、
そうは問屋が卸さない仕掛けになっている。

なんとHDD自体にパスワードが掛けられており、
PCに接続しても認識されないのだ。 うーん手強い。

最近になってケーブルスワップ法というやりかたで
ナビをSSD化するHPを見つけたが・・・難しそうだ。

修理代がいくらか気になって 熟睡できない週末になってしまった。

久しぶりにサッカー

5月2日はサッカーの撮影だった。

職場の先輩が所属するチームなので、ピッチのすぐ近くで撮影させていただいているが
かなり邪魔をしていることだろう。
(特に今回のサッカー場は住宅地の中に無理矢理造ったようで引きがほとんどない)
その代わりと言ってはあまりにもささやかだが
撮影したデータをDVD-Rに焼いてお渡ししている。
そのため シュートなどの決定的瞬間を狙うことよりも
選手がボールと絡んでいるところや 相手チームの選手と絡んでいるところを狙い、
できるだけ多くの選手を撮影することに重点を置いている。

前回の撮影は1年以上前だったか。EOS-1D2Nを使っての撮影。
AF設定がよくわからず、目的の選手の前を他の選手が横切ったときに
ピントを持っていかれないようにするために 追従感度を鈍くする設定のほかは適当で
選手をフレームの中央で捕らえ - 「親指AF」スタート - ピントが合ったらレリーズ
という流れで撮影していた。

続きを読む

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム