FC2ブログ

新球場へ行くの巻

ゴールデンウイークだというのに カレンダーが黒の日も赤の日も容赦なく出勤である。
が、きょうは休み。「ズムスタ」とか「マツスタ」とか、略称が決まらない新球場へ行った。


砂かぶり席

まずは砂かぶり席である。
鈴鹿で例えるならば「激感エリア」といったところか?
網消しがうまくいけば、なかなか良い撮影ポジションになりそうだ。 次回は是非こちらで観戦したい。

続きを読む

スポンサーサイト



DPPなどがバージョンアップ

DPPはRAW調整にシャドウ部分、
ハイライト部分の調整機能が追加されました。


マイカーラン開催

ゴールデンウイークに鈴鹿サーキットでマイカーランが。

http://www.suzukacircuit.jp/gw_s/2009/run/index.html

続・テスト撮影

今回のテストで気になったのは カスタムファンクションIII-4を
1の測距連続性優先に設定し、狙ったところにAFフレームを合わせているのに
勝手に となりの被写体に移ってしまう点だ。

クリックで拡大表示

11番のマシンにロックオン。

クリックで拡大表示

連写。

クリックで拡大表示

あれっ。11番から33番のマシンにピントが移動しています。

続きを読む

テスト撮影

調整から戻ってきたEOS-1Ds Malk III。

ネット上では調整前の方がよかったという声も多く、 気になっていた。

しかし、いまだにテストできず。

昼前になって たまたまミニバイクの耐久レースが
開催されていることを知り、急遽出撃である。

サーキット全景

続きを読む

新生 鈴鹿サーキット・激走編

Cパドック付近

鈴鹿サーキットクイーンの交代式も終わり、
日没の時が迫ってまいりました。

Cパドックからピットビルへ車が移動しています。
でも、逆走じゃありませんか???

続きを読む

新生 鈴鹿サーキット・施設編

今回は「施設編」で、
新しくなったピットビルを中心にコアな視点で紹介します。
よくある写真や解説は省略していますので あらかじめご了承ください。

まずは、ガレージの裏側です。(って、よくある解説じゃないのか?)

ガレージ裏側

写真右側の白いトラックのように駐車できるのは従来どおり。
荷物の搬入がしやすくなるよう、段差が無くなりました。

内部は

ガレージ内部

映像モニタ(左の黒い画面)と
タイミング・モニタ(右の白い画面)は16:9のものになりました。
デジタル処理に時間がかかるのか、映像と音声が数秒遅れます。
写真中央は中嶋悟氏。
その視線の先で下を見ているのは中嶋一貴選手。
ベージュ系のスーツの方は今宮純氏です。

この36番ガレージにある扉の向こうには隠し部屋があるようです。

選手のみなさん

隠し部屋から伊藤真一選手ら オープニングセレモニーに出席される方が続々登場です。


そして 今回の目玉である コントロールルームの見学です。

コースを監視するモニタ

モニタに一番近い列の右側に白いシャツの男性が立っていますが
その左、緑色のオフィシャルのユニフォームを着て
座っている男性がコーナーポストに「一斉連絡」している方のようです。
(後姿しか拝めなかったぁ。残念!)

コントロール・ルーム内部

速度測定器

外に出て、ピットレーンでネズミ捕りをする機器。

ヘリポート

こちらはヘリポート。

白い柵は固定されておらず、万が一の時は
上に引き抜いてアクセスできるようになっていると思われます。
良い子のみんなは近づかないでね。

ここで ピットビルの外観写真が出てきましたね。
建物が こちら側からですと 最終コーナー側から1コーナー側に向け
右肩下がり(?)になっています。
一方、垂直は保たれており、内部はある程度 水平になっていたり
緩やかなスロープのため 錯覚に陥る部分があります。

いびつな窓

窓が歪(飯櫃・いびつ)になっています。
外を見ながら進むと、スロープを下っている気持ちなのに
床が上りになっている感じで ちょっと歩きにくかったです。

パドック・パスやピットウォークの券でどこまで入ることができるのか
どうやって入場を規制するのか疑問です。

どのようになるかは 来週のお楽しみですね。

新生 鈴鹿サーキット・撮影編

諸事情で来週の2&4を欠席することになり、
”START SUZUKA”OPENING THANKS DAY F1キックオフパーティー
に行きました。

今回は「撮影編」と題し、
改修されたS字と逆バンクがどのようになったか報告です。

グランドスタンドの右手の坂をくだり
「逆バンクトンネル」と名づけられた地下通路を通って
逆バンクに向かいます。

逆バンクトンネル

今までパドックから逆バンクのアウト側に
直接 行くことはできませんでしたが、
写真の左上部分からスロープを下ることによって
「逆バンクトンネル」にアクセスできます。

トンネル出口

トンネルの出口は
逆バンクの出口あるいは7.8%勾配の始まりあたりでしょうか?

トンネル出入口

フェンスに貼りついての観戦が予想されます。

さらに歩くとこんな感じ。

逆バンク

サンプル写真

階段の中段あたりでも こんな感じです。

それでも ほとんどの方が従来どおりのポジションから撮影。

カメラマンのみなさん

さらにS字の方へ歩くと…

逆バンクからS字へ

俯瞰で撮影できるポイントが広がりました。

S字も

S字方面

よく見えます。


さて、ここからは業務連絡です。

S字の地下トンネルを通って出たところは広場になっています。
そこから下に降りるにはどうすればよいのでしょうか?
2コーナー側にスロープがあるような無いような?
逆バンク側も階段などは無いようです。

トンネル出口の広場

ピットビル側から

今まで大きなムカデに出会ったり、滑りながら坂を上り下りした
2コーナーから逆バンクまでのアクセスは非常に良くなっているようです。
(推測)

「お断り」

有刺鉄線が無くなり、フェンスが低くなったのは
逆バンクではなく、S字側でした。
訂正させていただきます。

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム