花火大会と戦う


昼休憩の食堂では
20時から始まる花火大会が話題になっていました。


リサーチした情報では 大会終了後に激しい渋滞がおこり、
結構な距離を歩いてJRの駅に向かうことになるそうです。

…が、それにも関わらず、
勤務のシフトを代わってもらってでも見に行こうとする
新婚の若者が近くにいました。

恐るべし、花火大会のチカラ!。

まぁ、祭りとか花火大会とか
古来より男女の仲を深めるためにあるようなものですからね。

鉄道写真のK野先輩も興味がなさそうで
昼休憩が終わるときには「見に行かない」という結論に達していました。



仕事が終わろうかという頃になって
新婚の若者が早く帰るの帰らないのということで
花火大会の話題になったとき、
ふと、市の中心部が一望できる山の上から
望遠レンズで狙ったら撮れないこともないかも…と閃きました。
しかも新幹線の車窓の明かりと絡めて撮れそう。

自分は「なぜか」三脚を持っていないので、
鉄道写真のK野先輩に借りようとしたら
流れで 一緒に撮影に行くことになりました。


帰宅して、汗を流して、サッパリしたぁ〜…と思っていたら
集合時間に間に合わない!
目についた機材を車に積んで出発したものの、
急に決まったことなので、皆様の予想に違わず
ズームレンズとかを忘れていました。


とりあえず最初に閃いた地点に到着。
ちなみに バイクブームの頃にはローリング族が多いことで有名な峠で、
流し撮りの練習に 何度も行きました。
(ローリング族といわれたのはブームが下火になり始めた頃ですよね?
 当時はフィルムカメラだったので、
 上手く撮れたか撮れないか わからず、苦労しました)。

やってきた新幹線が小さすぎてK野先輩にダメ出しされ、
回らない頭を なんとか回して
新幹線の高架が近いところに移動することにしました。
花火大会が始まるまでは まだ少し時間があります。



“PHOTO”

こんな感じのところで撮影することにしました。
小さな花火は山陰で見えませんが、
大きな花火はよく見えます。

“PHOTO”


花火大会が始まって、ファインダーを覗くと
600ミリでは花火しか撮れません。
先述のとおり100-400ミリがあれば…

一方で 大きな花火が打ち上がるタイミングと
新幹線が駆け抜けるタイミングとが一致せず…
しかも20時台後半は全く走行していなかったような。
(大雨で遅延が発生していたようです)

気持ちを「花火メイン」に切り替えて撮影したものの、
ケーブルレリーズみたいなのが無かったことや、
ライブビュー撮影に不慣れだったり、
連写するとカメラがユラユラ揺れて
ブレ写真を量産してしまったりで、上手く撮れませんでした。

準備の大切さを思い知らされた一時間でした。

“PHOTO”








スポンサーサイト

雨が降らなかった


梅雨に入っても雨が降らない日が続いている。

週間天気予報で傘のマークが出たので
鉄道写真のK野先輩とやまぐち号を撮影に行った。

わざわざ雨の日を選んだのは
煙がたくさん出るのではないかと思ったことと、
ありがちな晴れた日の絵になることを避けたからだ。

が、何よりも
カメラを構える場所が山の中にあり、
熊に襲われたり滑落したりしても発見されない可能性が極めて高く
…運良く次回やまぐち号が走るときに発見されたとしても
絶命しているのは間違いない…
単独行動は危険だということで引っ張り出されたという感じだ。



それらしい複数の車が停まっているところに着いたが、
どこから山に登るのかわからず、
とりあえず人の良さそうなお兄さんの後を
少し離れてついていくことにした。

最初は車でも通れそうな道だったが次第に狭くなり、
お兄さんの熊よけの鈴の音を頼りに進まざるをえない状況になった。
結構歩いたと思ったが、それでも線路の直ぐそば。
観念してお兄さんに道を教えてもらう…いや、教えていただく。

初めてだと わからない道だった。
お兄さんに感謝。
道なき道を登り三ヶ所ある撮影ポイントのうちの
真ん中から撮影することにした。

“PHOTO”
撮影はK野先輩。



“PHOTO”

こんな感じになった。

狙いどおり雨が降っていれば良かったが、
それでは山の登り降りが大変なので
これはこれで良しとしよう。

晴れた日に赤い在来線を撮るのもおもしろいかも。

“PHOTO”


“PHOTO”
復路はこんな感じになった。







tag : EF24-105mm_F4L_IS_USM,

第51回織田幹雄記念


7時55分に開場になり、トラック競技のゴール付近に場所取りし、
女子棒高跳びを撮影しようとしたら…

“PHOTO”

撮影禁止かよっ!

仕方なくゴール付近からU田さん風に撮影して、
100メートルハードルが始まるのを待ちます。

“PHOTO”



“PHOTO”

感じの悪い雲がやって来て、時々強い風が吹きます。

“PHOTO”

フライングしていないかチェックする係員さんの向こう側を走るので
Case2 で撮影しますが、引っ張られピンぼけ→リカバリ…となります。
(背景の黒い服の方ではなく、手前に赤い服の人が立っていました)。

“PHOTO”

“PHOTO”


“PHOTO”


“PHOTO”

再びU田さん風に。

“PHOTO”

女子やり投げの終盤に男子棒高跳びが始まりました。

“PHOTO”



“PHOTO”

短距離決勝を撮影するため、再びゴール付近に。
またまたU田さん風に撮影してみます。

“PHOTO”

“PHOTO”

フィニシュライン?でこの余裕なら、もっと良い記録が出たのでは?
10秒04よりも。

“PHOTO”

今年は翌日が日曜日のためか、急いで帰宅する人が少なく
混む時間帯を避けて駐車場に向かったのですが、ほぼ満車でした。

画像の中にICCプロファイルが不適切なものがあります。
申し訳ございません。









tag : EF600mm_F4L_IS_II_USM,EF16-35mm_F4L_IS_USM,

Vリーグ@呉・その2


A席は雛壇の傾斜がゆるく、それゆえ
前席の方の頭と頭の間から観戦する椅子の配置になっており、
撮りたい方向に前席の方の頭があって難儀していた。
前回の10枚目の画像参照)

そこに救いの手が。

同行した「鉄道写真の」K野先輩が
席を替わろうということで、S席に移動することに。

さらにフリッカーレス機能を「使わない」にして撮影した。

“PHOTO”

“PHOTO”

“PHOTO”



う〜ん。

連写速度は遅くなっても良いので
最初の一枚目が思ったタイミングで切れるように
改善されることを願うばかりである。







tag : EF100-400mm_F4.5-5.6L_IS_II_USM,

Vリーグ@呉・その1


さて、縦位置で構えて撮ろうとしたら、オートフォーカスが作動しない!
AFエリアも変更できない!ってか、AFポイントも光らない!
シャッターも切れない!

汗 (*_*;

レンズがちゃんと嵌っていない???
ガチャガチャ(レンズを外して嵌める音)…

変化なし!…あかん。
滝汗 (*_*;

??横位置は?…

ちゃんと動くぞ?


よく確認してみたら
縦位置操作スイッチがオフになってました。なんでだ〜っ。

まず、練習しているところを撮影。


“PHOTO”

“PHOTO”

“PHOTO”

↓ ここから試合の画像です。

“PHOTO”

“PHOTO”

“PHOTO”

“PHOTO”

“PHOTO”

“PHOTO”

“PHOTO”

“PHOTO”

“PHOTO”


大枚を投じて手に入れた「フリッカーレス」機能。

連動できませ〜ん」のイベントで期待通りの結果を残したので
今回も期待して臨みました。

いずれもフリッカーレス機能を「使う」で撮影しましたが、
「使う」にすると、カタログの注意書きのとおり
「連続撮影速度が低下」してしまい、
サーブ(4〜6枚目の画像)のような動きですと対応できそうですが、
なかなかキビシイものがありますね。(感じ方には個人差があります)

それ以上に気になるのが、レリーズボタンを押してから
シャッターが切れるまでのタイムラグが長い(?大きい)こと。カタログの
注意書きには「レリーズタイムラグがわずかに長くなることがあります」
とありますが、スポーツの撮影においては ”わずか” とは言い難い時間に感じます。
(これまた感じ方には個人差があります。いや、あるのか???)

今回は「第六感」を使って、選手とボールが一緒に写った瞬間を狙って
かな〜り早めにレリーズボタンを押しましたが、
がっかりな画像を量産という 散々な結果になってしまいました。

その2に続く)









2017年2月8日に記事を追加しました。
2017年2月11日に記事を修正しました。


FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム