fc2ブログ

ラジオと戦う



年末年始にテレビの無い生活を送ったとき
新たなラジオ番組に出会った。

MUSIC★Jという番組だ。

が、自宅は(鉄筋)RC構造のため民放AMを聴くことができない。
(どういう理由で電波が入ってきているのか
  NHKのR1、R2は クリアに聴くことができる)。

民放AMはネットで聴くこともできるが、ワイドFM というものがあって
対応したラジオがあれば聴くことができるという。

そこでパナソニックの RF-300BT を買った。

ポイントは…
 ● ライバルのソニー社は、電波の受信感度は良いが
   一年過ぎた頃から故障が…いわゆるソニータイマーである…
    特にスイッチ系の故障で とんでもない動きをするので却下。
 ● 時計を常時表示できる。
 ● ブルートゥースでスマホのラジコなどが聴ける。

ということだった。が、使ってみた感想はというと

 ● スイッチ類にメリハリが無く、AM/FM 切り替えとか
   チャンネルの変更がすばやくできない。
 ● 令和だというのに中継局?名で登録&表示できない。
   例えば、FM三重だと、津の78.9は 78.9MHz を登録すると
    FM三重になるが、志摩の78.1MHz を登録しても
    「FM三重」と表示されない。
  (ちなみに筆者のパナソニックのカーナビは中継局表示に対応してます)。
 ● 他社も含めて、スリープタイマーの設定時間を記憶できないものか?

といった点を不満に思った。

特にスイッチ、ボタンについては…
確かに、多くの場合、ラジオを聴くのは日中であり
おしゃれなデザインであることが求められているかもしれない。
が、就寝前に枕元で聴いたりする人、もっというなら
目の不自由な方が聴いているとかいうことは想像できないものか?
手触りでスリープタイマーを作動させたり、
選曲やバンドを切り替えることができるデザインにして欲しいと
切に願うところである。

写真

写真

写真


2022年11月19日 追記

受信感度が悪く、ブーンというノイズが入るため
戦力外通告し 以前から使っている RF-U700
をメインでつかうことにしました。
P社の方が見ていたら、
改善された製品を開発していただくことを希望!










スポンサーサイト



tag : EF24-70mm_F2.8L_II_USM,

その発想は無かったわぁ




先日「タイムフリー」でラジオを聴いていた。

「その発想は無かった」
 という表現が適当かどうかわからないが…。



FMにしろAMにしろ、人件費の関係からか
ひとり喋りの番組が多い。
男女パーソナリティのトークを主体とした番組は貴重ともいえる。
昨年末にふとしたきっかけから聴き始めた朝の番組は、
男性パーソナリティが悪い意味でキャラ濃すぎ。
自分の中では 彼があまり好きではない位置づけだ。

で、

目が不自由なリスナーさんからのメールに続いて
男性パーソナリティが、そのメールが長いことを指摘したり
他局の番組を取り上げていることに毒舌を吐く。

(中略、以下男性パーソナリティが♂、女性が♀)

♂「みんな自分が気づいて少しずつやることであって
誰かに注意されることじゃないのよ。気持ちだから…」。

♀「そうですね」。

(中略)

♂「こうやって気づきが少しずつ出てくる。
で、自分たちもいっぱい気づいたし。でも
そんな自分たちでもよ、俺たちなんか多分
目が不自由な方のことなんか1ミリもわからないと思う。

だって この方が目が不自由なのに
どうやって俺たちにメール打ったかわかる?」

♀「わからないです」。

♂「でしょう。音声認識がどうのこうのですとかって言うのよ。
へぇ~、今便利なんですねっていうけど。
ひょっとしたらすごい不便かもしんないじゃん。
点字とかさ…。じゃ点字ブロック歩いたら安全かっていわれるじゃない。
だから…
『いや本当に怖いんだけど…点字ブロック。
誰か手で連れて行ってくれたらいいのに』
と本当は思っているけど。
点字ブロックを恐る恐る歩いてるかもしんないじゃん。そう考えてみると
点字ブロックを使わなきゃいけないってことは最終手段だよねと思うのよ。

ほんとは誰かと一緒にいることじゃない」。

♀「そうですね。話しながら景色とか…雑談しながら、
周りの情景知りながらということですよね」。

♂「それ考えたりすると、いろんなことを想像してもらえたり
俺たちも想像足りんかったわ~と思うことが気づきだし。
気づけたときにうれしいし…」。

(以下省略)

という会話があった。



う〜ん。「ほんとは誰かと一緒にいることじゃない」かぁ。

そう指摘されてみると…
点字ブロックを設置すればそれでいいとか、
白杖の人は道路に置いてあるものを
杖で叩くこともあるよなぁ、とか
盲導犬がどうこう、という発想だったなぁ。

「本当のところ…」というのはわかりにくいものだし、
自分も「本当のところ…してくれればいいのに」
という気持ちは、なかなかわかってもらえない、
と再認識。

(2017年の骨折で困ったことは忘れていました)。













2022年

本年もよろしくお願いいたします。














無事帰宅

無事帰宅いたしました。

現地でお会いしました皆様 お疲れ様でした。

次回もよろしくお願いいたします。

戦争について考える


某アナウンサーが朝ドラ送りで大失態…だそうだ。





某アナウンサーを責めるつもりはありません。

第二次世界大戦は 遠くなりにけり。

平和ボケ…ですよね。


自分が中学生や高校生の頃は、漠然とではあるが
戦争が始まって徴兵される可能性があるかも…
さらに、自分の場合は 皆と同じ動きができなくて
上官にこっぴどく殴られてばかり〜 なんて不安に思っていました。


しかし、いつの頃からか…そう
壁の崩壊やS国の崩壊あたりからでしょうか。
冷戦終結の雰囲気で風向きが変わって、
バブル崩壊後は日々の暮らしとの戦いで精一杯。

あと、湾岸戦争のときの
自動的に軍事施設を破壊する映像で
鉄砲を持って戦う時代ではなくなったのかな…みたいな。
あるいは戦争という形ではなく、テロが頻発という流れ???


近隣の国の動きも気になるこのごろ、
若い人は戦争とか徴兵とか…どう思っているんでしょうか?









FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム