fc2ブログ

よく写らないレンズ



最近のレンズは よく写る。



今、気になっているのは
NIKKOR Z 50mm f/1.2S だ。

ただ…
今持っている
どのカメラにも取り付けることができない。





さて、その反動で
あまり良く写らないレンズを探している。

フィルム時代のキヤノン製ズーム…
もちろん EFマウントで、DPPで
デジタルレンズオプティマイザができるもの。
高倍率のものは大きく重いのでパスしているが…

ヤフオクで
EF24-85mm f/3.5-4.5 USM とか
EF28-90mm f/4-5.6 USM ?型 とか
EF28-105mm f/3.5-4.5 USM ?型 とかを
手に入れたが、どれもまずまずの写りだ。

EF28-105mm f/3.5〜 はちょっと甘い…。

いずれも
デジタルレンズオプティマイザを
適用しなくても充分だと思う。
(感じ方には個人差があります)


今回、最後の一本として
EF20-35mm f/3.5-4.5 USM をゲット。

ズームリングとピントリングの間の
環の表記が チューリップマーク 0.34m/1.1ft
ではなく CANON のもので
付属していたのもレンズポーチではなく
レンズケースだった。

このレンズにありがちな(通称)バルサム切れはない。
修理品なのかもしれない???。



街の中心部に出掛けたついでに試写。

“フレア”

たまたま近くでドームを撮影していた
外国人観光客の女性が写ってしまった。

“おじさん”

外国人観光客のおじさん。

こどもの撮影を想定して撮影。
このような形が残ったボケ方が好きなのだ。


が、この画像こそボケているが、多くの場合
35mm側の開放で撮っても ほとんどボケない。
(感じ方には個人差があります)

肝心のシャープさはというと
残念ながら普通で、期待していたオールドレンズらしさは無い。

(通称)バルサム切れがあるとどうなのか???






そうなってくると
最初に買った EF24-70 f/2.8L USM の
ハッキリしない画質は何だったのか???

もう あの重いレンズを買う気にはならないが
あの画質が懐かしくなる きょうこの頃だ。









スポンサーサイト



MFJGP 2022


土曜日。

午前1時過ぎに出発して7時40分頃
マックスバリューに到着。

いつもは金曜日のフリー走行から撮影なのだが、
今年はいろいろあって
自分の思っているように休みが取れない。
金曜日、結構な残業→仮眠→出発という流れだ。



最近の鈴鹿サーキットはゲートオープンの時間が
中木戸ゲート…(昔は…そう言ってましたよね?
遊園地エリアとレース場エリアを分けるところ…)
…今は「GPエントランス」…のオープン時間ということですか?
メインゲートの列に並ぶ。


朝イチは激感希望。

中木戸ゲートの左よりに待機して、オープンするやいなや
コンビニで発行したチケットをちゃんとした
パドックパスに交換してもらおうとしたところ…


いざオープンしてみると右側のテントだった〜。

よく見てなかった〜。



…ということで すっかり出遅れて、
激感に向かう最初のバスに乗れず、二番目のバスが
激感エリアに着いた頃には「いい場所」は無くなっていた。


それでも なんとか空いているところを探して撮影。

“中須賀克行選手”

昼休憩以降はレースを撮影。




ホテルに戻って、
画像をラインで送ったものを見ているうちに
「影」を活かせないかなぁ…と。


日曜日も朝イチで激感に行くことにした。
(今回は珍しくヘアピンに行かない!)


きょうはパドックパスを持っているので
中木戸ゲートの左に並び、いざオープン。

急いでセンターハウスのバス乗り場に行くが
バスに乗らず歩いて激感に向かう。
…バスが満車にならないと出発しないからだ。

今回は毎朝飲む薬を忘れて
息も絶え絶えになりながらCパドックの
入り口に近づいたところでバスがやってきた。

「全力で速歩き!」

到着したら すでに三人さんが。…速っ!

自分が思った場所を確保したが
そこまで焦ることはなかったのかも…トホホ。


と、安心したのも束の間。
自分の前に190cm級のお兄さんが立った。
まさかの展開である。


それでもなんとか撮影。

“画像”























完成形はこちら ↓

“中須賀克行選手”

カラダがイン側に入り込んでいないが
季節(時期)が変われば太陽の位置が変わって
思ったように撮れるかも…

いや、イン側に近づきすぎて影のカタチが???…










“中須賀克行選手”



MotoGP 2022 大団円


火曜日の朝トイレに行ったら 「作品」に変化があり、
いつもの「作品」っぽいものになっている。


予想はしていたが、日曜日のホテルが…


レース終了後の大渋滞から、よくわからない道を通って
初めてのホテルにたどり着けるのか…
かなり不安だったのだ…ろう。

5:20 にチェックアウトして12:20 に帰宅した。


(ということで、帰宅後かかりつけの病院で受診したところ
腸炎だということで薬を処方してもらった)。




さてさて、今回の反省点は…


駐車券や激感エリア券など、
結局使わなかったチケットを買ってしまった。

途中宿泊するのは四日市ではなく
琵琶湖周辺で。

といったところか。

























MotoGP 2022 月曜日


日曜日の宿は初めて泊まるホテル。

大学病院の敷地内か、そこに隣接しているホテルで、
病院を受診される方が前日泊したり、
付き添いの方が宿泊したり、学会出席のための方が
宿泊するために建てられたと思われる。

部屋にはそれらを示唆する案内があって
今後病院隣接のホテルを建設する際の
参考になる意見を募集している旨の
アンケート用紙が置いてあった。


周辺には食事処があるような無いような。
最寄りのコンビニまで結構…10分以上?歩いたので
ホテルまでの道中で買った方が良さげだ。
周辺は空き地が多いみたいなので
何年か後には南四日市のホテルみたいに
なっているかもしれない。




月曜日の朝になって窓から外を見ると
(自分の泊まった部屋側は)
果てしなく広がる平野だった。

朝食はヘルシーな感じで、種類も多く
「お腹の調子が悪くなければ」と何度も思った。

ただ、普通のご飯と味噌汁が見当たらなかったのが
気になる。「おかゆ」のみなのかな?

宿泊料金もリーズナブルなので
もし もてぎの次回があるなら 利用確定だ。


7:15にホテルを出発して
15時半過ぎには四日市に到着した。















MotoGP 2022 日曜日


昨夜 コンビニで買ったパンを食べ
急いでチェックアウト。



サーキットに着いたときには
空一面雲に覆われていたが、タレントカップ終了時には
快晴と言ってもいいくらいに晴れた。

どこで撮影するか…
回らない頭が出した結論がビクトリーコーナー付近。
最後の勝負どころで何かが起きるか???



ということで Moto3 を撮影…

“レース”



撮影していたら途中でカメラが固まってしまい、
バッテリーを抜き差ししているところで
マシア選手が転倒〜。

撮影できず〜

カメラに直射日光が当たり続けてしまったため
固まったのだろうか???



その後は着ていたウインドブレーカーを
カメラに掛けて直射日光が当たらないようにし
撮影を続けることができた。

肝心の画像はというと、遠すぎて
鮮明ではなく見れたものではないが…


“首位に立つ小椋選手”

“レース後”






レース終了後、車に機材を置いてトイレに行き
エンジンを掛けたのが16:05。

駐車場の出口で北ゲートに誘導され
さらに 車の流れに乗っていたら
123号線を水戸方向に行くことに。

車を路肩に止めて地図を見ると
サーキットの東側から
南に下って宇都宮方向に向かう広い道が無いようだ。

Uターンして北ゲート方向から南ゲート方向を通り
宇都宮方向へ。

ナビ任せでホテルの駐車場に着いたのが19:05だった。











tag : EF600mm_F4L_IS_II_USM,

FC2カウンター

最新記事
カテゴリ
検索フォーム